Amazonギフト券チャージでお得にお買い物

中古でSONY WF-1000XM3は買うな

2 min 227 views

そろそろBluetoothイヤホンを買い替えようかなと思ってて探してたんですが、そう言えばSONYの型落ちなら安く手に入るのではと考えたのがまずかった。

現行がXM4だから状態が良さそうなXM3を物色。
メルカリで5,000円でゲットしました。
カナルだけ新品にしていざ装着です。
いろんなトラブルがありつつもいくつか工夫して使えるイヤホンになりましたのでご紹介します。
中古でお探しの方の参考になれば幸いです。

お金に余裕があるのであればもちろん新作新品がよいですね。
後継のSONY WF-1000XM4はこちら

WF-1000XM3の音質は非常に良い

これまで使ってたBOSEのワイヤレスイヤホンは結構好みの音質でした。
SoundSports Freeです。スポーツと名がついているだけあって、ランニングでもブレることのないしっかりとした設計です。
型落ちなので現在は安くなってますね。


BOSEサウンドってありますよね。低音が効いてて鮮やかな感じの。
なのでSONYに替えてどうなるか不安もありました、イコライザー機能付きのアプリと併せて設定するとほんと素晴らしい音質になります。

最大のデメリット すぐ外れる、途切れる

WF-1000XM3には中古かどうかに関わらない絶望的な弱点が2つありました。
それが外れる途切れるです。ほんと残念。
事前にネットの情報を調べておくべきでしたが、本体がとても重たいようです。

約8.5 g×2

8.5gってなかなかの重さですよね。それをカナル一つで支えるわけですから頭が揺れそうなランニングやウォーキングには向かないってことなのかも。
BOSEのSoundSportsは9g近くでしたが、カナルにイヤーフックがついていたので外れにくかったのですよね。

ねじ込むと耳が痛いし、かといってハズレ掛けだと左右バランスが崩れてしまって音楽をたのしめないのでなかなかの苦痛です。
後継のWF-1000XM4では7gほどに改善されているので良くなってるのかもしれません。

こちらはWF-1000XM3用のイヤーフックがありました。

複数のイヤホンに対応しているので、他のものでも外れる問題はあるのでしょうね。
こちらで幾分か改善されました。

イヤーフックをカナルとの間に装着します。
一つだけ弱点があります。

充電器に入らなくなる。。
ちくちょう!!ここまできてこんな。。。

つづいて、音が途切れる事件。
これはネットでも多く書かれてあった事象です。
ちょいちょい途切れました。
そこで本体アップデートを試したところ改善されました。


2021/4までは本体アップデートによってBluetooth接続の改善がされていたみたいです。
音質モードが2種類用意されていて、音質モードと接続モードがあります。
音質モードだと途切れやすいようです。

途切れが気になる際には接続モードのほうが無難です。

充電ケースが汚れる

こちらは中古品あるあるだと思います。
ケースの素材のせいか汚れがついたら最後、なかなかとれない。
そこでケースカバーを買うことにしました。

1,000円未満でシリコンケースがありますのでこれで見た目はOKです。

賢く中古品を買いたい

僕は必ずしも新品でなければならないということはないので、ちょっと型落ちでもいいものであれば中古で買ってしまいます。
今回のWF-1000XM3については、SONYだからと当時のレビュー記事を確認せずに買ってしまったのが失敗でした。

5,000円くらいならいいかなという判断です。
出品物としては不具合なく良い中古品をゲットできたと思います。
不満があるのは製品そのものの仕様ですね。
外れやすいのはほんとストレスしかないのであの手この手で改善しようと思っています。

やっぱりSONYは凄いですね。
今回はアプリでの細かい設定に感動しました。
イコライザーやコントロール設定などいろいろできちゃう。
新しいものが欲しくなってしまいましたが、しばらくはWF-1000XM3を楽しもうと思います。

サトシ

サトシ

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連とガジェットレビュー中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー: