Amazonチャージで1000円ゲットキャンペーン!

iPad mini 4液晶取り替え手順解説

1 min 65 views

iPad mini 4のジャンク品を購入したので修理していきます。
正直言うと、、、不具合ないiPadを買う方が安上がりだったかもしれません。
iPad miniの表面のガラスだけを交換するのは難度が高すぎるので液晶丸ごと交換します。

部品代はだいたい12,000円から15,000円くらいです。

状態確認

右下から落下したであろう痕跡。
本体のアルミボディまで凹んでいます。
液晶は全面にわたるヒビ。

動作確認までしましたが、通常通り動作します。
なので中身はOK。

iPad miniの液晶をはずす

ヒートガンで液晶周辺を温めます。
場合によってはドライヤーでもいいかもしれませんが、ヒートガンの方がちゃんと温まるのでおすすめです。

あとはiPhone分解キットがあるとさらに捗ります。
なければ薄いヘラのようなものがあるとよいです。

ホームボタン側に剥がします。
ヒートガンでゆっくり温めながら両面テープを剥がします。
ホームボタン側に液晶のケーブルが付いていますので傷つけないように気をつけてください。

液晶を分離する

液晶ケーブルはカバーに覆われています。
極小のボルト4本を外します。

フラットケーブル2本あります。
慌てずにゆっくり外します。
これで液晶が分離できました。

ホームボタンとインナーカメラマウントを移設する

ホームボタンは純正のものでないとタッチID が動作しません。
なので移設が必要です。
こちらもゆっくりホームボタンまわりを外して移設します。

動作確認して液晶を装着する

フラットケーブルを装着したら、電源をいれて動作確認を行います。
液晶がちゃんと点いて、異常がなければOKです。
電源を切りましょう。

液晶のテープの剝離紙を剥がして、装着します。
しっかり浮きがないことを確認して、引っ付けます。
その後もう一度電源を入れて動作確認すれば作業完了です。

サトシ

サトシ

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連とガジェットレビュー中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事