Amazonチャージで1000円ゲットキャンペーン!

iPad Pro用Magic Keyboard の使い勝手 

1 min 246 views

トラックパッド付きのiPad用キーボードが登場。
高い!重たい!そんな声が聞こえるMagic Keyboardの使い勝手をレビューします!

外観とキー打ち心地

外箱からしてうつくしい。

背面にはアップルマークが刻印されています。
これがあるのとないのとでは気分が違う。

キータッチの感覚はMacのMagic Keyboardのそれにそっくりですね。
とても打ちやすい。

Mac用のMagic Keyboardと比べてもキーの大きさは変わらないみたいですが、
溝の太さが若干iPad用の方が細く見えるので、全体的には詰まっているように感じます。

Smart Keyboard Folioと比較してもとても打ち安く感じます。

Smart Keyboard Folioと並べてみると、キーのエッジがはっきりしているMagic Keyboardの方が見た目も打ちやすそうだなと感じますね。

Magic KeyboardSmart Keyboard Folio
重さ約600g約305g
価格34,980円(税込)21,780円(税込)

やっぱり重たいMagic Keyboard。
iPad Proを加えると、1kgを超えてきます。

Magic Keyboardの角度

ここが予想がいだったのですが、Magic Keyboardは可動域がとても狭いです。
なのでフラットにはなりません。

机の高さによってはもう少し傾けたいって思うかもしれませんね。
もう一声くらい傾けたかった。

Magic Keyboardの気になったところ

一番上の段の数字キーがiPadとちょっとかぶっているので指が当たってしまうことがあります。
この辺は慣れかもしれませんね。

iPad用に買っていたソフトケースに入らなくなりました。
Smart keyboard folioだとなんとか入っていたのですが、、このケースはやはり裸で入れる方がいいかなと思いました。まだ使います。便利なんで。

サトシ

サトシ

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連とガジェットレビュー中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事