Amazonチャージで1000円ゲットキャンペーン!

Apple Watchでツイッターを使う方法 | Chirp for Twitter

1 min 691 views

Twitter公式アプリはApple Watchのサポートを終了しています。
そこでApple Watch(アップルウォッチ)でTwitterが使えるアプリ「Chirp for Twitter」を紹介します。

Chirp for Twitter
ソーシャルネットワーキング, ニュース無料

Chirp for Twitterをインストールする

まず「Chirp for Twitter」をインストールしましょう。
Watchアプリのアプリ検索から「Chirp for Twitter」を検索してインストールします。
無料でインストール可能ですが、アプリ内課金があります。
いまのところ無料で使える範囲で十分に楽しめます。

インストールしたらTwitter連携を行います。

その後、Setting画面となりますが特にすることはありません。

Apple WatchでTwitterを見てみる

Watchアプリをみると「Chirp for Twitter」が入ってるのがわかりますね。

Apple Watchの方にも

起動してみると、メニューがありますのでHOME(タイムライン)を表示してみましょう。

タイムラインが表示され、ツイートが表示されるようになります。

あくまでiPhoneと接続されているBluetoothの範囲内での利用となります。
スマホ出さなくてもTwitter確認できるのはいいですよね。

カテゴリー