Amazonギフト券チャージでお得にお買い物

iPhoneカメラの裏技7選

2 min 63 views

iPhoneのカメラ機能は非常に高機能で、普段使いの範疇を超える裏技が数多く存在します。
この記事では、高校生にもわかる言葉で、iPhoneのカメラの使い方の裏技を紹介します。
これらのテクニックを使えば、よりクリエイティブで楽しい写真やビデオが撮影できますよ!

❶撮影ボタンを長押しでビデオ

iPhoneのカメラで簡単にビデオを撮影する方法の一つが、「撮影ボタンを長押しする」ことです。
通常の写真撮影と同じく、撮影ボタンをタップするのではなく、
長押しすることでビデオの録画が始まります。これによって、簡単に動画をキャッチすることができます。

❷ビデオ中、右のボタンで写真

ビデオを撮影している最中に画像を撮りたい場合、
画面右側に表示されるボタンをタップすることで写真を撮影できます。

これによって、ビデオ撮影と写真撮影をシームレスに切り替えることが可能です。

❸撮影ボタン左スワイプで連写

静止画の連写は、被写体の瞬間を逃さないための優れたテクニックです。
iPhoneでは、撮影ボタンを左にスワイプすることで簡単に連写モードに切り替えることができます。
被写体が動き回る状況でも、思い出に残るショットを逃しません。

❹音楽を流しながらビデオ撮影

ビデオ撮影中に音楽を流すことで、撮影した瞬間に音楽の雰囲気をプラスすることができます。
iPhoneでは、ミュージックアプリを起動してからカメラアプリに戻り、
ビデオを撮影すると、音楽とビデオが同時に楽しめます。

❺音量ボタンでシャッター切る

画面上の撮影ボタンだけでなく、音量ボタンも写真のシャッターとして利用できます。
ビデオモードでも音量ボタンを押すことで、簡単に写真を撮影できます。
これにより、手ブレを防ぎながら素早く写真をキャッチできます。

❻音量ボタンを長押しでビデオ

音量ボタンをシャッターとして使うだけでなく、長押しすることでビデオの録画もスタートできます。
これにより、片手で簡単にビデオの録画を始めることができます。
臨場感あふれる瞬間を逃さないために、ぜひ試してみてください。

❼ボタンを上スワイプでズーム

撮影対象が遠くにある場合、ズーム機能を使ってよりクリアで迫力のある写真を撮影することができます。iPhoneでは、画面上でボタンを上にスワイプすることでズームが可能です。
被写体によって最適なズーム倍率を見つけ、より美しい写真を追求しましょう。

サトシ

サトシ

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連とガジェットレビュー中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事