Amazonギフト券チャージでお得にお買い物

Macにイラスト生成AI 『Stable Diffusion』WebUIを構築する

2 min 542 views

生成AIすごく流行っていますね。

生成AIで有名なStable Diffusionの環境構築をご紹介します。

手順は以下の通りとなります。

Stable Diffusion WEB UI for Mac

Stable Diffusion WEB UI を格納するフォルダを作成する

まず作業フォルダとも言える場所を作成します。

僕は、ユーザーフォルダ直下に作成しました。
フォルダ名はそのまま「WEBUI」としました。

Pythonをインストールする

Pythonというプログラミング言語で書かれたプログラムを動かしますので、環境を構築する必要があります。

手順としてはHomeBrewをインストールして、その上でPythonをインストールします。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

こちらをターミナルに打ち込んでHomeBrewをインストールします。

完了したら、

brew install cmake protobuf rust python@3.10 git wget

と打ち込んでPythonをインストールします。

Stable DiffusionのWEBUIファイルをダウンロードします。

git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui

それを初めに作ったフォルダに格納します。

生成モデルを格納する

Stable Diffusion WEB UI for Mac

https://civitai.com/models/22922/lyriel

下記に格納する

stable-diffusion-webui

└models

└stable-diffusion

WebUIを起動してみる

ターミナルをさきほどのWebUIフォルダまで移動させます。

次のコマンドで、WEBUIを起動します。初回はちょっと時間がかかります。

./webui.sh

こんな感じで環境が構築できます。
モデルは各自にお任せしますが著作権などをお気をつけて利用してください。

生成したAIイラストがこちらです。
結構難しいですね。

サトシ

サトシ

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連とガジェットレビュー中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事