Amazonチャージで1000円ゲットキャンペーン!

wraplus for iPad Pro 2020用スキンシール

2 min 314 views

iPad Proのデザインを損なわずにカッコよく仕上げるスキンシールをご紹介。
ハードカバーほどの保護はありませんが、ゴテゴテしなくてスマートに衣替えできるアイテムです。
その他、iPad Air、MacBook Pro、MacBook Airなど他のApple製品用もあるのでぜひみてみてください。

iPad Pro スキンシール仕上がり具合

専用設計なのでうまく貼ればこのように素敵に変身します。
Wraplusスキンシートは設計から生産まで、全てを日本国内でおこなっているためハイクオリティ。
粘着面のエア抜き構造により、貼付けの際に気泡が残らないのがうれしい。
貼った直後なら何度か貼り直しても問題ありませんでした。

スキンシート貼り付け準備

配達はポストインでした

専用の封筒で届きます。
小窓からブラックカーボンが見えますね。

iPad Proようなので背面部分とサイドウォール部分のスキンシールが用意されています。
レンズ部分もあるんですが、、、今回はやめておこうかな。

美しいシルバー

iPad Proのビフォーです。
新品きずひとつない背面です。これをこのまま保護したい。
シルバーも悪くないのですがここはこだわりってことでカーボン化していきます。

クリーニングキット

今回はクリーニングキットが入っていました。
ウエットシートとクロスですね。
しっかり脱脂することでシートが剥がれにくくなります。
丁寧に掃除しましょう。

脱脂する

脱脂した後にかならずクロスで吹き上げましょう。
ホコリが残らないようにしておきます。

清掃が物足りない場合はアップルデバイス専用のクリーナーもあるので是非ご覧ください。

スキンシート貼り付け本番

アップルマークからあわせてみる

初めはカメラ周りから合わせてみたいんですが、
どうしてもアップルマークであわなくなってしまったので、
アップルマークから合わせてサイドにはっていく感じで作業しました。

カメラ・アップルマーク・接続端子に専用の穴がある

完璧です。

残りのサイドウォールも、マイクやスピーカーをうまく避けながら貼っていきます。

つなぎ目はどうしてもできちゃいますね

サイドは絶妙な幅がなのでなるべく均一になるように貼ります。

マイクやスピーカーを邪魔しないように
肌触りがとてもいい

アップルマークまわりを接写。
完璧です。これで完璧なんです。

スキンシートまとめとおすすめ

スキンシートは薄さ0.2mmなので、smart keyboard folioに組み合わせる際にもマグネットの邪魔にはなりません。
その他のハードカバーにもそのまま入れることができるのでほんとおすすめです。
見た目が変わって自分だけのiPad Proにしてみませんか?

サトシ

サトシ

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連とガジェットレビュー中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事