Amazonチャージで1000円ゲットキャンペーン!

Apple AirTagの使い方と危険性回避はあるの?

1 min 130 views

AirTagがようやく届きました。
刻印を入れたせいかちょっと時間がかかりました。

紛失がなくなるかもしれないスーパーなアイテムが出てきましたね。

いろんなアクセサリーも試してみたいところです。

AirTagのセットアップ

パッケージを開けるとAirTagが並んでいます。
今回は4つセットを購入しました。

パッケージを取り外して本体から引き抜くと、バッテリーに通電して起動します。

近くにiPhoneを置いておくと、画面に表示されます。
接続をタップしましょう。

用途に合わせて名前を設定します。
自由につけることもできます。

iPhoneの探すアプリから利用することが可能です。

AirTagの危険性

巷の噂では、ストーキングに使えそうなどど言ってる方もいるそうですが、
本当にそうなのか調べてみましょう。

というか、小さい我が子に持たせるなどしてキッズ携帯と同じようにGPSで場所を把握したいなぁと思っていました。ちなみにこういう使い方はもちろん推奨されていません。それってストーキングと同じ方法になっちゃうわけです。

現時点では、特定の場所に居続けると場所が特定できてしまいそうです。
本人が気づいて通報するなりしないと居場所がバレてしまいます。

とにかく小さいのでバッグに仕込んでしまえばわからないこともあるかもしれないですね。

iPhoneを持っている方には、自分のではないAirTagが身近にある場合には通知が出ることもあるみたいです。
ということは、iPhoneではない方は気付きにくいってことですね。

とはいえ、AitTagとiPhoneは紐づいているのですぐに誰のAirTagかってのはバレてしまいますね。

絶対に悪用はしてはなりません。

ちなみのちなみに、持ち主から一定時間離れたAirTagは音が鳴るらしいので気付きそうな気がしますが、
僕が使っている限りではなったりしていません。
その辺は今後改善されるんですかねー。

車とかに置いておきたかったのですが、車から離れるとなっちゃうのかな。。。

サトシ

サトシ

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連とガジェットレビュー中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事