Amazonギフト券チャージでお得にお買い物

iMac G4 2002 分解してみた

2 min 112 views

ジャンク品ということで古いiMacを入手しました。
iMac G4 2002 FlatPanel 白いドーム型の本体にフラットな液晶モニターがついた当時画期的なデザインだったiMacです。

まだ4:3のモニターが主流だったころに横長モニターを採用。
2002から2004年までのたった2年間しか発売されなかったレアなMacになります。

iMac G4状態確認

今回は本体と電源ケーブルのみです。
素晴らしいデザイン!通称大福ともいわれたこのこのコンパクトなボディに光学ドライブまで搭載。
特に首の動きが素晴らしい。
ジャンク品なので動くかどうかもわかりませんが、そもそも20年前のMacなのでそのままでは使えません。

とりあえず起動してみる。
いまではあまり見かけないカーネルパニックが発生、ちょっと感動!!
当時はこれが出たら絶望の淵に堕ちていましたよね!

これを直すつもりはないので、ここからどう再生するか検討します。

Flat Panelを活かしたい

フラットパネルになったのはこのモデルが初めてだった気がします。

液晶は無事なので外部モニター化できると良いのですが、
フルHDに満たない解像度なのでそのままでは使え無さそう。
しかも16:10というアスペクト比となっていて、通常の16:9に比べるとちょっとだけ縦に長いサイズとなっています。

iMac G4を分解してみる

フラットパネルはモニター下部のボルトを外すと取れます。

本体は底蓋を外してみえるボルトを外すと開きます。

外せる部分をどんどん外してみます。
蓋を開けるととんでもない埃が出てきました。

ダイソン突っ込んで埃を吸い出します。

マザーボードが出てきました。
ほんとよくこの筐体に入ってますねー。

光学ドライブとHDDが出てきました。
時代的に3.5インチのHDDですね。
重たいわけです。

iMac 4Gを磨く

本体が黄ばんでいたので、ピカールを使って全体的に磨いておきます。
これは直すよりもこのまま綺麗に保管する方がいいかもしれませんね。
インテリアとしてもレトロでいい感じです。

外部モニターとして改造することも今後考えたいと思います。
そしたらMac miniで復活とかできそうですね。

Macは古くても壊れてても買取してもらえます

Macは買取専門店があります。
壊れていても売れることがあるのでまずは無料査定をお願いしてみてください。

サトシ

サトシ

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連とガジェットレビュー中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事