Amazonチャージで1000円ゲットキャンペーン!

MacでiPhoneを同期するとミュージックのプレイリストが重複登録されてしまう

1 min 871 views

iPhoneを同期すると、”[プレイリスト名]1”という名称のプレイリストが新しく作成されてしまい、重複してしまうことがあります。
その場合の対処を紹介します。

プレイリストに曲を追加する正しい方法

実はミュージックへの曲ファイルの正しい追加方法があります。
通常、ミュージックで購入した曲なら問題はありませんが、
CDやもともと持っていたmp3ファイルなど注意が必要です。

正しい追加方法
  • 念のため先にiPhoneを同期(バックアップ)しておく
  • 曲ファイルをライブラリに追加する
  • ライブラリからプレイリスト に追加する
  • iPhoneを同期する

直接プレイリストへ追加していませんでしたか?
まずはライブラリへ登録するのが正しい方法になります。

ミュージックのプレイリストが重複するケース

僕の環境では、Mac側のミュージックのプレイリスト内容を変更した後にiPhoneを接続して同期した場合によく起きていました。
プレイリストに新規で登録する曲ファイルを直接追加したりすると、起こるようです。

そのほかの症状としては、曲がうまく追加されないなどがあります。
ライブラリからプレイリストへ追加という順番を守れば大丈夫です。

ミュージックのプレイリストが重複してしまった場合

MacとiPhoneのプレイリストはどちらが優先というわけではなく対等な関係にあります。
どちらか一方が変更されたとしても同期を行なった際に双方を残そうとして重複が起こります。
MacやWindows側で[プレイリスト名]1という後からできてしまったほうのプレイリストを削除しましょう。
その後にiPhoneとの同期をもう一度行えば、正しい状態になります。

ミュージックのバックアップはTime Machineでしっかりと

いざという時にミュージックのデータも復旧できるようにTime Machineでちゃんとmac全体のバックアップを取りましょう。

サトシ

サトシ

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連とガジェットレビュー中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事