Amazonチャージで1000円ゲットキャンペーン!

iMacのFusion Drive(フュージョンドライブ)ってSSD領域が少ない?

2 min 1,422 views

iMacなどデスクトップMacにはFusion Drive(フュージョンドライブ)が標準で搭載されています。
Fusion Driveとは、SSDとHDDとを組み合わせて一つのボリュームとして認識させる新技術ハイブリッドストレージです。
この記事ではFusion Driveの特徴とiMacに搭載されたFusion Driveについて紹介します。
ちなみに、iMac 2020 27インチもでるではFusion Driveの設定がなくなってデフォルトでSSDストレージになりました。

iMacのFusion Drive特徴

iMacに搭載されているFusion DriveはSSDの高速性とHDDの大容量を兼ね備えたいいとこどりのストレージです。

頻繁に使うファイルはすばやくアクセスできるように自動的かつ動的にフラッシュストレージに移動し、
その一方で、あまり使わないファイルは大容量のハードディスクに移してくれます。
そのため、短時間ですぐに起動してくれるし、
普段の作業スタイルをシステムが学習していくに従い、
アプリケーションの起動やファイルへのアクセスにも時間がかからなくなります。

公式サイトより

頻繁に使うファイルはSSDへ移動してくれるっていうのはすごい!

iMacのFusion Driveはどうなってる?

対象は僕が所持しているiMac 5K Fusion Drive 1TBモデル(2017)を対象に見ていきます。

1TBのHDDと32GBのSSDが組み合わさったストレージとなっています。

32GBのSSD

32GBのSSD

32GBのSSD

少なくない????
と皆さんも思いましたね?ね?
そうなのです。HDDが1TBもあるのにSSD部分がコスト削減のためか32GBしかないのです。

(あとでしらべてみると実際はシステム領域があるので使えるのは28GBでした)

Fusion Driveのいいところである「頻繁に使うファイルはSSDへ移動」がどれくらいの量に当たるのかによっては32GBをあふれるのではないかと思ってしまいますね。。

ちなみに2TBモデルのSSDは128GBなのでこちらにすれば心配はいりませんが、
少々高くなってしまいます。

はじめてFusion Driveが登場した時のiMac2014では128GBだったようですが現在のiMacは1TBモデルだとSSD部分が32GBなのです。

2020モデルで廃止された利用がなんとなくわかりますね。

できればカスタマイズでSSDストレージを選びたい

iMacの大きな画面を選ぶ方は、おそらく動画やWeb制作など行う方が多いかと思います。
SSDは空容量が少ないととたんに重くなる性質もあることから

高速性を保ちたいのであれば初めからSSDストレージにしておくほうがよさそうです。
512GBのSSDへの変更で+20,000円。

動作のもっさり感をくらうくらいなら決して高くない投資だと思います。

どのiMacがよい??

僕の結論としては、
iMac 5K 27インチのSSD512GBカスタマイズがベターかなと思います。

高スペックである必要がないのであればFusion Drive 1TBでも全く問題はありません。
その他、検討すべき事項については良かったらこちらの記事をお読みください。

おすすめの外付けHDD or SSD

iMacを持ち運ぶことはないと思うので、横に置いておくのに困らない
ポータブルHDDやSSDをご紹介します。

2TBのポータブルHDD。2TBで1万円を切る値段で買える時代になりました。

高速なSSDがよいなら、SanDiskのSSD。
こちらはMacFanでも紹介されていた商品です。

iMac 2017は後からSSDに換装できる

iMac 2017はSSDに換装(交換)することができます。
自分で行うにはいろいろと準備が必要ですが、業者さんにお任せするのが一番安いです。

中古のiMacも熱い

iMac2017は中古品が多数でるようになってきました。
中古iMacの攻略についてはこちらの記事をご確認ください。

Macの買い替えを賢くやろう

Macを買い換えるにもお金が必要です。
古くなったMacを確実にバックアップして、買取専門業者に査定をおねがいしましょう。

サトシ

サトシ

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連とガジェットレビュー中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事