Amazonチャージで1000円ゲットキャンペーン!

【保存版】故障かな?Macのトラブル解決 自分で修理する手順まとめ

3 min 282 views

Macが重たい。。
急にMacの電源が入らなくなった。。。
外部ディスプレイがうつらない。。
なんだかわからないけどメモリ不足。。

そんなときに試すMacふっかつのじゅもんを紹介します。

可能ならTime Machineにバックアップを

まだMacが動くのであればTime Machineにバックアップをとりましょう。
1世代分のバックアップがあればMacは復活できます。

大容量のポータブルHDDを持っておくと便利です。

Macのハードウエアチェック

まずはMacのハードウエア(機械的な部分)に問題がないかチェックしましょう。

Macのハードウエアチェック
  1. Macをシャットダウン
  2. キーボードの「D」をおしたまま起動する

ハードウエアチェックモードで起動すると、チェックがはじまります。

僕のMacでだいたい3分くらいでチェックが終了します。
数分かかると思えばいいでしょう。

ここで問題があるならアップルケアに電話です!

Macをセーフモードで起動する

セーフモードとは?
セーフモード (セーフブートと呼ばれることもあります) は、Mac を起動する方法の 1 つです。
起動時に所定のチェックを行い、一部のソフトウェアが自動的に読み込まれたり、起動したりしないよう阻止します。
Mac をセーフモードで起動すると、次の処理が行われます。

起動ディスクを検証して、必要に応じてディレクトリの問題の修復を試みる
必要なカーネル機能拡張だけを読み込む
起動項目とログイン項目が自動的に開かないように阻止する
ユーザがインストールしたフォントを無効にする
フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、その他のシステムキャッシュファイルを削除する

https://support.apple.com/ja-jp/HT201262

最後の、『フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、その他のシステムキャッシュファイルを削除する』
に期待してセーフモード(セーフブート)で起動します。

特に作業は必要ありません。

セーフモードで起動するだけで修復処理が行われます。

また、セーフモードでは余計なログイン項目やシステム設定を読み込まないためセーフモードで問題の現象が発生しない場合は、

インストールしているアプリや設定ファイルに問題がある可能性があります。

カテゴリー