Amazonチャージで1000円ゲットキャンペーン!

型落ちMacを高速化 サクサク快適にする方法

2 min 216 views

少し古くなってきたMacをサクサクの快適にする方法を紹介します。
M1MacなどAppleシリコンに憧れはあるもののまだまだ買い替えないぞっていう方におすすめです。

macOSを最新にする

何はともあれ、動かなくなりそうなアプリがない限りはmacOSを最新化しましょう。
新しいバージョンにはいくつもの改善が入っていますので動作がよくなることもあります。
メジャーアップデートが怖い場合は、現在のOSの最新版にしましょう。
macOS 11の最新とか。

ログイン項目を整理・断捨離

Macの起動時に自動起動する項目が多すぎると、起動に時間がかかってもっさり感が出てきます。
必要最低限にしましょう。
アプリのインストール時にいつの間にかログイン項目に入ってくる場合があるので、
一度整理することをお勧めします。

SMCとNVRAMをリセット

ハード的、ミドルウエア的な改善につながるおがSMCやNVRAMをリセットしましょう。
長く使っているとそれぞれにキャッシュや間接的なtmpファイルが増えてしまって圧迫したり悪さすることがあります。
やり方は上記リンクから記事を是非お読みください。

セーフモードで起動(キャッシュクリア)

Macの起動ボタンを押した後にすぐシフトボタンを押しっぱなしにすると「セーフモード」で起動することができます。
セーフモードはシステム拡張などの起動に直接関わらない項目を無視して最低限の状態で起動します。
その際に、いろんなシステムキャッシュを削除してくれるのでこの後に通常起動するとスッキリリフレッシュできるので動作が変だなっていうときにおすすめの手段です。

macOSのクリーンインストール

ソフト的にいろいろやっても改善できない場合は、OSクリーンインストールをお勧めします。
いろんなアプリを入れ直しになりますがmac全体がリフレッシュされるのでながくMacを使っている方は大幅に改善される可能性が高いです。

HDDをSSDに換装する

ハードウエア的にもっとも体感できるのはストレージをSSDへの換装です。
iMacや少し前のMacBook ProなどはHDDが入っていました。
それをSSDに換装するだけでぶっりぶりに速くなります。
なので、513GB以上の高速安定なSSDに交換することをお勧めします。
DIYでも可能なので是非上記リンクからチェックしてみてください。

ストレージの空き容量を確保

とくにSSDの場合ですが、macOSが入っているストレージが圧迫されるとOSの挙動が激遅になってきます。SSDの性質です。
空き容量を確保しましょう。

Spotlightのインデックスを再構築する

Mac標準の検索機能である「Spotlight」ですが、このインデックスが壊れていることでmacOSの挙動がおかしくなることがあります。
インデックスを再構築することで改善されることがあるので一度もやったことがない方はやってみましょう。

システム環境設定からSpotlightメニューを選択して、プライバシータブを開きます。
そこに「Macintosh HD」をぶちこみまして、すぐに除外します。
すると再構築が始まります。

それでも不満があるなら賢くMacを売る

ここまでやり尽くしても動作に不満があるのであれば、次のステージへいきましょう。
少々ふるいMacでも確実に買い取ってもらえます。
あなたのMacを欲しいと思う人がたくさんいるからです。
メルカリや中古品屋に売るのが怖い方は専門ショップで査定してもらう方がいいです。

サトシ

サトシ

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連とガジェットレビュー中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事